パートとアルバイトにどんな違いがあるのか

非正規雇用の中にはパートやアルバイトと呼ばれる求人があります。ですが、このパートとアルバイト、似ているようですが違いがあるものなのでしょうか?

法律的な観点で見ると、パートもアルバイトも特に違いがなく、どちらも正規雇用契約とは異なる非正規雇用の労働者ということになります。

ですが、企業側ではアルバイトは非正規雇用の中でも短期契約の労働者で、パートは非正規雇用の中でも比較的長期的な雇用が可能な労働者と考えているケースや、アルバイトは主に学生で、パートは主に主婦や退職した後の成人というように分けているケースもあるようです。

パートのほうが安定したシフトで働くことが出来る働き方で、アルバイトの方が自分の都合でやめやすく、働き方にも自由度があるものというイメージを持っているという人も多くいます。

ただ、実際にはパートやアルバイトといった形式上の名称にとらわれず、求人に応募の際には仕事の内容によってしっかりと選ぶことが必要になります。

パートだから、アルバイトだからと考えるのではなく、自分は働く仲間の一員としてどのような仕事をすることになるのかという点を意識して求人情報を働くという目線でチェックするようにしましょう。

お気に入り