再就職をする時には

再就職をする時には、無職になっている期間について事前に考慮しておく必要があります。仕事をしない期間が長くなると、再就職に思いがけず影響を与えてしまうことがあるようです。

今の会社を退職してから、新しく再就職先を探すまでどんなスケジュールで動くかは個人差がありますが、企業は仕事の間隔が大きいと気にかけるようです。たとえ就職活動をしていたとしても、あまりにも長く無職の期間があれば、評価を下げてしまう可能性もあります。無職であった期間について、面接時に質問されたとしても、しっかり説明できるようにしておくことが大切です。長期にわたって仕事をしていなかったのは、当人の適正に関係するかもと解釈されたりします。

退職後、早いうちに再就職が決まった人のほとんどは、友人や知人による紹介というデータもあります。どんなにスキルが高くても、評価してくれる人がいない限りは、再就職を希望しても望みどおりの結果を得ることは困難であるともいえます。友人や知人の紹介があると再就職が容易になるとはいえ、業種によっては確実ではありません。キャリアや人脈のある人ばかりではないことを考えると、仕事を変えて転職するということのハードルの高さも見えてきます。

資格や経験があるのにも関わらず、なかなか再就職ができないという声を聞くこともあります。再就職を望んでも、つきたい仕事の求人がなかかな見つからないという可能性も、視野に入れておくことが大事です。

お気に入り