医療及び介護職にはどんな資格がある?

医療介護系には本当にたくさんの資格があり、その資格がないと働けない分野が多くあります。以下、ざっと資格について列挙いたします。

介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、介護福祉士、ケアマネジャー(介護支援専門員)、同行援護従業者養成研修、行動援護従業者養成研修、移動介護従事者(ガイドヘルパー)、レクリエーション介護士2級、喀痰吸引等研修、難病患者等ホームヘルパー、重度訪問介護従業者、介護予防運動指導員、福祉用具専門相談員、介護事務、社会福祉士、精神保健福祉士、看護師、管理栄養士、栄養士、調理師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師、あん摩マッサージ師。

こういった資格があります。研修を受けるだけで取得できるものもあれば、国家資格として試験に合格しなければいけない場合や、何年かの実務経験が求められるものもあります。

必ずその資格がないと働けないということはなく、その施設や病院で有資格者が何人いなければいけないといった決まりがある場合もあります。
また、当然のこととしてすでに多くの人が持っている資格だと需要は減りますから、資格を取得しても希望の職種につけないということもあります。ですから、今後有望な資格や自分が働きたいと思っている地域で取得者が少ない資格に絞って勉強したり、資格取得を目指すこともできるかもしれません。
参考:大阪で理学療法士の転職情報をお探しなら

また上記の資格の有資格者は就職などにも有利に働くことはありますが、それが給与に直結するかどうかはその施設にもよります。さらに転職を希望しているなら上記の資格があるほうがかなり有利になる場合も多いでしょう。

お気に入り